毛むくじゃららら(ら ららら ら)

保護猫の雨と麦と千、ロシアンブルーの作、ソト猫カフェと用水路投げ捨ての子との色々。で、また増えた。
Posted by キリセリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by キリセリ   0 comments

僕たち

自分が幸せとか…
不幸とか…

そんなこと
本当に
まったく分からないんだ

幸せって…
いったい
なんなのだろう…







光っているの?

暖かいもの?

ふわふわしてるもの?

それとも…


ご飯をくれる人を
見つけること?


意地悪な雄の縄張りがないこと?


優しいボスがその土地に
居着いていいよって、
認めてくれること?


お腹いっぱい食べて、
雨に濡れないで眠れること?


いつでも
綺麗なお水が飲めること?


誰かに追いかけられないで
後ろを気にしないで
のんびり歩けること?


冬に雪の上を歩いて
足の裏が痛くならないこと?


夏のアスファルトで
火傷しなくていいこと?


石をぶつけられないこと?


車にハネ跳ばされないこと?


冷たい風が仲間の命を奪わないこと?


病気にならないで、
なるべく苦しまないで、
ひっそりこの世から去れること?

魂がぬけた身体が、
静かに土に戻れること?

誰かが
僕たちの死を哀しんでくれること?

誰かが
僕たちの頭を撫でてくれること?

誰かが
僕たちの喉を鳴らしてくれること?


甘えられる大好きな人が出来ること?


大好きな人の匂いを
忘れないでいられるってこと?


大好きな人の匂いに包まれて
明日の心配をしなくていいこと?







地域猫実習生 キンちゃん


Posted by キリセリ   0 comments

毛たちがなんとネットニュースに?

テレビ局の動画投稿サイトに、
何気無く投稿してみたところ…
ネットニュースの11月9日(月)の夕方らへん(笑)に、
採用になったらしく…連絡&詳細取材がありました。

親バカ動画ですが…ありがたいです。

雨と作のパンチの試合…
最後に夜くんが雨を心配して、
下からニューっと出てきます。

でも、すぐ諦めます…
その速さにププ(^.^)。

作の意外と速いパンチも見物かも…



これは、スクショ…動きません。

ブログで動画を載せたことがないけど、
出来るかな?
試してみます(;^_^A

そんなわけで…ちょっとだけ
「仔猫の遺棄」にも触れてもらえるそうで、
実はそこが投稿した狙いでもあるから、
嬉しい限りです。

何が採用ポイントかは親バカ度が高すぎて、
わからないのですが、掃除機の先っちょを私が動かして、
怖がらせてるのではなく、皆でやっつけて~!さぁ、立ち向かうのよ!
と、誘っています。
そして撃退…

果敢にパンチする夜くん、あまりのパンチの強さに手が痛そ~(^^;

   


こちらもスクショ…(>.<)。


(もしかしたら、もう私が勝手に使っちゃいけないかもしれないから…)

とは言っても、短い尺の猫動画でしょうに、
きちんと取材してくださり、それにまずびっくりしました。

あとは、二十代でクリーンクルー…速い話が清掃…(;^_^A
として社屋内で働いていたから、懐かしい空間だなぁ~と思い出したりしていました。

ま、取材される方や担当局は、実際は違う場所に居そうですが。

きっと想像以上に短いと思いますが、
今年の嬉しい出来事になりそうです。

こちらを覗きにきてくださる少数精鋭の皆さん…いや、あなた(笑)
に、まずはお礼をと。

いつもありがとうございます…
なぜ?ここを?と聞きたくてしょうがないくらい…疑問と感謝の気持ちでいっぱいです。

Facebookにも居ますので「猫がお仲間?」という猫グループを捜してみてください(笑)

あと、いつも毛たちを見守ってくれてる…幼なじみのK。
彼女の後押は、私には必要不可欠なもの。




なかなか時間が空かなくて、毛カフェに招けず、
申し訳ない。

話が尽きない大好きなひとときです。
彼女のすすめで投稿してみたので、重ねて感謝。





Posted by キリセリ   1 comments

星ちゃん旋風の微調整

星ちゃんは…

無神経そうな仔猫にみえますが…

実は根回しは完璧。





臆病な作には、それなりにゆっくり

近づいて、深追いせずにいます。

偶然?(笑)


大きな岩にも…あ、いや、雨にも…




距離感が大切。

嫌われない極意が備わった

さすがの末っ子です。


そして、悩殺…選挙ポスター風ポーズが極めつけ…



「遺棄は犯罪!」



「許さニャイ!」

Posted by キリセリ   0 comments

キンちゃん妄想

キンちゃんは…優しく丸くなりました。



物凄い形相で威嚇していた数年前が、嘘みたいです。



チョンチョコリンにも背を向けて、
警戒せずにパクパク、モグモグ。



なんだか単にぼやけただけだけど、
マシュマロやメレンゲみたいに見えるのは、
私だけ?(笑)



分厚い毛は、かき分けられないし、
どうやっても、地肌などは見えないくらいの密集度。

ねぇねぇキンちゃん~
もっとスリスリしてきてよ~
ご飯以外も寄ってきてよ~


人馴れしてないことで、
虐待の対象からはそれなりにそれますが、
お家に入れる対象からもそれてしまいます。

ちょっとだけ…
夢見がちに…
お家にいるキンちゃんと私…を、思い描いたりします。

ホットカーペットで伸びて欲しい。
スリスリ甘えて欲しいし、
お腹にのっけてゴロゴロしたいなぁ…

はっ…妄想が止まりません…
Posted by キリセリ   0 comments

小さな灯火と…

寒くなるにつれて…
罪悪感が私を包み込み…
笑顔が引きついていないかとか、
自分の酷さに嫌気がさしたり…

春までずっと続く…
そんな気持ちを隠すのに、精一杯だったりします。





お家の中は、ぬくぬく。
君たちの幸福に罪はないよ。





月くんは、思ったより面倒見がよく、
何をされても、わらと嫌がりません。




寝ないで寝ないで~

だからか、お父さんのように慕われています。


小さな小さな突然やって来た…
火の玉?流れ星?

毎年、そんな小さな命が、わが家に加わります。

そして、ろうそくの火みたいに、
まわりをほのかに照らして、
フッと笑顔にしてゆきます。

でも、こうして救われた子達の何倍もの仔猫が、
この世を去ります。

さまよい、跡形もなく、消えゆく
…小さな命たち。

それを思うと…
無性に腹立たしくなり、
いてもたってもいられなくなりますが、
それはそれ。

割りきるしかないです。

自分の出来ることは、ちっぽけですが、
続けるしかないのだ…という気持ちと、

どんなにやめられたら、楽だろうかという浅はかな裏切りが、
頭をよぎったりもします。

それは、今年は特に、
「無責任餌やり多頭野良猫情報」が多いからで、押し潰されそうになります。

私がしたことなんて、簡単に無かったことにされるくらいの破壊力が、
野良猫たちの1回の出産にはあります。

なんとも…すっきりしない内容ですみません。
閉塞感?
星ちゃんの姿を見て少しだけ忘れていられます。