毛むくじゃららら(ら ららら ら)

保護猫の雨と麦と千、ロシアンブルーの作、ソト猫カフェと用水路投げ捨ての子との色々。で、また増えた。
Posted by キリセリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by キリセリ   0 comments

最強ボヘーあらわる!

P1020417+(3)_convert_20140422184417.jpg

息子のカメラにありました。
やるな、あいつ。
これは上質なボヘーだ。
この目の薄開きの感じといい、魂抜けてる感じといい…。
うかうかしてられない!
ボヘーを逃すな、あたし。


ボヘー特集はこちらから!

ところで、普段の作ちゃんはブサカワじゃないんすよ。
作の名誉のために、おまけ。



moblog_1729cacd.jpg
あたしの妻夫木くん。


moblog_68ad8d73.jpg
あたしの瑛太。




いのちつないだワンニャン写真コンテスト


↑↑キンちゃんとへちゃむくれを応募してしまいました~。
よかったら投票お願いします。
スポンサーサイト
Category :
Posted by キリセリ   0 comments

人間のかんちがい

moblog_0ffda9bc.jpg



人間て勘違いしてる生き物だよ。

鋭い牙も爪ももたず、強靭な顎や、俊敏な脚もなく、眼も鼻も耳も悪い。
翼はないし、手の力は弱いし、しっぽもなく、ひげも役に立たないし、毛もはえていない。

生物の中ではかなり非力なくせに、なにを勘違いして、武器をもって殺処分とかしてるんだろう。
ただ二本脚で立って、言葉を発しているだけなのに。

自分たちが、熊や象や猪や犬に襲われ殺されると問題だと大騒ぎするくせに、
どれだけの動物たちを無意味に殺してきたんだよ。

殺処分が当たり前の国?非力の極みだな。そんなことでしか解決できないなんて。
人間は、賢い知能があるから今の地位がある。でもそれは、それは、権力をふりかざすことじゃない。

本当に賢いとはどういう事か…はやく気がついて欲しい。



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐




国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。

マハトマ・ガンジー




546080_280514942045384_1549544806_n.jpg


本当は不妊手術も人間が勝手にすべきことじゃない…とも思います。
でも、生まれて殺されるなら、生まれないようにしてあげたい。

増えて嫌われるなら、増えないように、好かれるようにしてあげたい。

待ったなしの仔猫が毎年生まれる現場を目の前にしたら、誰だってそう考えると思う…。
Posted by キリセリ   0 comments

小鳥さんとくんくんカルテット

小鳥モチーフが実はとっても好きで、つい、ひとめぼれしてお家に連れてきてしまう。

でも、今回の子たちは、もらった商品券を使うために、伊勢丹の花屋さんを通りかかった時に出会った。
普段は出会わない子たち。デパートなんて足を踏み入れないもの。



moblog_2d3e6b3b.jpg

かわいい かわいい かわいい。
ちいさな小花と小鳥。くふふ。

moblog_a4a9ae08.jpg

はじめましての、新人さんです。
めざといお方がいち早く駆けつけました。


moblog_16e150a3.jpg

いっきにくんくんカルテット♪歌います!
どぅわーわわわわー♪
嘘です…。

moblog_77a79ad4.jpg

押し退け隊長!

moblog_7676f744.jpg

巨体もズイッ!
Posted by キリセリ   0 comments

あなたはキンちゃん

あ、あんなところに…キンちゃーん。
P1030224_convert_20140422183930.jpg
……。しーーーーん。

寝てるのかな…おーい…。
P1030221_convert_20140423130759.jpg
ん?声がするな…。虫かな~。

こっちだよー。もう、いけずなんだから~。
P1030215_convert_20140423130524.jpg
どっち?ご飯の時間じゃないし…。

こっっちーーーー! ぜーぜー。
P1030226_convert_20140423130558.jpg
もしや…。あの馬鹿騒ぎするのは、あのひと??

やっとわかったのね…う、うれしい。
P1030214_convert_20140422183747.jpg
で、なに?

なにって…。えっと、その…。
P1030222_convert_20140422183859.jpg

なーんて、おっかさん。いつもありがとう。そういえば、もうすぐ誕生日というやつなんすね。
これは、ぼくからのお祝いっす。
ハッピーバースデー♪おっかさーん。

キンちゃんたら…うぅ。
P1030216_convert_20140422183824.jpg
どう?うまかった??ところで、キンちゃんってオレ?


という自作自演で自分の誕生日を毛たちに祝わせるという身勝手を、どうかお許しくださいませ。
キンちゃんは私と眼が合うと目を細めます。
それは、親愛の情の証。
それだけでもう満足なのです。


Posted by キリセリ   0 comments

仔猫に出会ったあなたは選ばれた人!

【捨て猫は警察に通報してください】

(→でも仔猫は渡さないでくださいね。愛護センターに行って殺処分されてしまいます。
     犯罪を通報する!ということです!!)


仔猫が産まれる季節になりました。
いえ、すでにヨチヨチ歩きの子もいることでしょう。
または、まだお腹のなかにいるという子も。

どんな子でも明るい未来…優しく正しい飼い主さんに巡り会えることを祈るばかりです。
飼い主や拾得者によって、保健所や愛護センターに持ち込まれる仔猫は、
離乳前ならほとんどか即日殺処分にされます。

しかし懸命にその命を、時間や睡眠を削り、手間とお金をかけて救おうとしてくださる方もいます。
と、今までの投稿で繰り返し述べてきましたが、
殺処分が廃止になった場合、その殺処分の大多数をしめていた仔猫たちは、どうなるのでしょう。

普通にルールを守って適正飼育をしている場合は、妊娠することはありえませんが、
やはりモラルやマナーが低下している飼い主の場合は、
外へ出していて妊娠、多頭飼い飼い猫同士で妊娠…などと簡単に産ませる事態になることが多いようです。

多くのSNSの里親募集の場で、そんなユルい文章を目にします。
そして、ユルい譲渡でまたユルい飼い主が増えるという悪循環の結果、
産ませる必要がない仔猫が毎年産まれ、結局は殺処分にされるという悪夢のような状況になります…。

または、前回の投稿に書いた通り、
殺処分される子の命を救う機会を奪うことにつながるのです。

すべてが殺処分になるわけではないですが、
捨てられ良い飼い主さんに出会えたからいいという問題ではありません。

実は、野良への無責任餌やりだけが、繁殖を継続しているわけではなく、
ユルい飼い主さんもそれに荷担しているのだと思います。

で、殺処分が廃止になり愛護センターや保健所に持ち込めなくなった場合…
結局は『捨て猫』が増えるのではないかと懸念されています。

仔猫だけではないのですが、生まれたてであったり自ら餌場に動いて行けないの仔猫の場合は、
カラスやほかの動物に襲われ、またたくまに無惨な姿で命を奪われることもあるわけですから、
ドリームボックスでの殺処分同様、胸が締め付けられる思いがするのは私だけではないはずです。

養育費を払い、頭を下げボランティア団体さんに預けたりする方は、
極少数派でしょう。

そして意外に知られていないかもしれませんが、
猫の遺棄や置き去りは犯罪です。



警察へ通報し現場へ来てもらってください。

捨てた人は隠れてみていたりする場合があるそうで、
またそこに捨てる可能性があるので、警察に見廻りを強化してもらうと、
抑止力にもなり捨て猫防止になります。


各ボランティア団体さんの独自のポスターなどもあるので、
手続きをふみ貼らせてもらったりすると尚いいようです。

警察に通報…なんて大ゲサ…と思われるかもしれませんし、
そんな大それた事…と思うかもしれません。

また、警察によっては動物愛護法を理解しておらず、無下に扱われたりするかもしれませんが、
猫のためなら…と強気でいくか、地域のボランティア団体に相談してみて下さい。

自宅前にカラーボックスに猫を数頭詰め込んで捨てられた悪質な遺棄の場合は、
指紋採取などして犯人特定すべく捜査をすすめたりするそうです。

また、仔猫を飼育できる状況にない方も、捨てられた子を見て見ぬふりをしなくていいように、
前もって知識として知っておくと慌てなくていいと思います。

私も餌やりなどしてないのに、
自宅の裏庭で三年連続で野良猫が仔猫を連れてきて、
子育てをしていました。

ある年は、生んだ直後に育児放棄…65グラムと85グラムの湯気が出てるような子を育てたこともあります。

今はネットが普及し、個人の預かりボランティアさんも随分と探しやすくなりました

その時は遠方だったのもあり、自分でなんとかボロボロになりながら育てました。
とはいえ、昼休み授乳の為に帰宅するのはかなりの無理があり、
動物病院にお願いして、半日入院(朝出勤時に預け、帰宅時にお迎えする保育園方式)
させてもらいなんとか切り抜けました。

かかった費用は二の次。
可愛さでお釣りがきます。

そんなわけで、まだ知られていない『捨て猫は警察に通報』を、
なるべくたくさんの一般の方に知ってもらうべく記事にしました。


―――――――――――――

※参考にしたもの

(年代が古いものもあります。ご了承ください)

・犯罪は許さない。動物遺棄は、警察に通報 しましょう。みんなの声が必要です。(犬猫救済の輪さん本文より)
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/keisatu.htm

・捨て猫違反にであった時は…警察への通報の仕方(ねこだすけさんより)
http://nekodasuke.main.jp/suteneko_ihan.html

・[捨て猫防止会さんより]
http://www.sutenekoboushikai.com/suteneko/index.files/flame_b_files/frame_b-dousitaraii.htm

・仔猫を拾ったら(仔猫育児HP)
http://lovedog.mods.jp/sutenekowohirottara.htm

まだまだ他にもあると思います。


moblog_84969afd_2014042212452660c.jpg

201205270824269b7_201404221245281f8.jpg

moblog_f118c28c_2014042212452797f.jpg


写真は我が家の人間の子たちと仔猫の飼育の様子です。

当時の記事はこちらから
moblog_a34cec32_20140422125350537.jpg

実は、65グラムの子はなかなか体重が増えず弱っていき亡くなりました。
獣医さんによると、二匹は受精時期も父親も違う為小さい方は、
まだ産まれる段階ではない早産だったとのこと。

moblog_545decf9_20140422125351090.jpg

キジトラ・木ちゃんは里子に。
大きくなっています。


命の重さを実感できた出来事でした。
今は家のまわりの野良猫たちを不妊手術し耳カット、地域猫へとすべく動いています。
今年は生まれていません。