FC2ブログ

毛むくじゃららら(ら ららら ら)

保護猫の雨と麦と千、ロシアンブルーの作、ソト猫カフェと用水路投げ捨ての子との色々。で、また増えた。
Posted by キリセリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by キリセリ   0 comments

派手も地味も。


だんなちんのトランクス買ってきた。派手もときにスキ。


顔が影に…。地味に映ってしまう麦。地味ももちろんスキ。


派手と地味の混在。無印良品とIKEAみたいな?うーん。イイ例えがないな。



(´・(エ)・)  モノに励まされるから、モノの色選びにはこだわってるけど、
           ときにそのこだわりは、心の狭さにつながるのかな、なんて思ったり。
           なにかを排除してでもこだわることなのか、とか自問自答。
           快適って何なんだろ。
スポンサーサイト
Posted by キリセリ   0 comments

作ップリ


作の 『 なにか考えていそうで、なにも考えてない 』トコロがすきだ。


それでいて 『 なにも考えてなさそうで 結構考えてる 』トコロがすきだ。


コーン缶をパカッとあけたら、二階からルンルン気分で跳んできた作。
ありがとね、ありがと!!!!と、瞳キラキラ…。
裏切れないので、コーンよりお高い猫様のウェット缶を差しあげた。

…すると、2日目でラップしてたからか、
風味落ちてプーイ、スタスタ(なーんだモード)。

残りは、すかさず麦がアムアム(あたしはいいのこれでモード)。

早朝のバタバタ忙しいお弁当作りの時間を割いたのにぃ。
結局、あたしへのダメだしだしー。


そんな作、ゴロゴロ頻度がハンパなく多い。
ゴロゴロハードルが浅いというか低い。

ジャレてあたしの手に噛みついていてもゴロゴロ。
あたしのそばにいるだけでゴロゴロ。
抱っこで怒られてもゴロゴロ。
すっとこどっこい安売り?ゴロゴロなり。



(´・(エ)・`)  mimiちゃん、ロシ兄・ゆのんくんと、なかよくしてもらっていると昨日聞きました。
          広々のびのびと過ごし(ケージから出して自由行動)、
便秘も解消している(!)とのこと。わー!パチパチパチ(涙)
          里親さんである方は、あたしと他業種・他業者でも、ひとつの施設内にいます。
          日常的に仕事っぷりをお見かけするのですが、責任ある立場でありながら、
          必要以上に偉ぶらず、その振る舞い流石だなと感じていました。
          そうゆうのって、おうちの猫たちにも通じるんだな。
          不安を払拭してもらえて嬉しい限り!

Category :
Posted by キリセリ   0 comments

しわざ


仲がいいってわけじゃない?お互い譲らなかっただけ?


麦!なははは。麦の顔、意味深~。

木ちゃんを保護した頃、
授乳のため、昼休みにマッハで一時帰宅したとき、
家の食卓の電機が落下していたのだ。

吊り下げ式の電球がついた傘のが…。
ついたまま食卓にゴロンと…。

天井から、留め金が外れていた。
恐らく前の晩に、電気についてる紐を
ジーーーっとみていた灰色さんの仕業でしょう。

もしかして、ジェラシー?

木ちゃんがいなくなったら、問題行動どころか麦イジメもへり、
こうして、まがいにも仲良さげにしているので、
ほっとしている。

作って、換気扇とかジッと見ちゃうんだから、コエーぜ。


(;・(エ)・)  小学生半人前二人の夏休みの宿題・自由研究…猫だって。
          「雨のダイエットプロジェクト」「野良猫マップと処分される猫について」
          で、結局、あたしっしょ。   

Posted by キリセリ   0 comments

ブラック作 と カラッポ雨


あー、ったりーなーー。(あたしが勝手にアテレコ)


夏…終わんないかな。はやく学校いけ。


木ちゃんのいた部屋。鋭いまなざし。ん?ちっこいのいないね。


…いない。あかんぼ。ガーーーン。

暑いのと、眠いのと、うるさいのと…で、
ブラック作さん登場。

雨はガックシ?。
麦は知らんぷり。
作はホッと。
Posted by キリセリ   6 comments

木のカドデ


最後の朝。このこのーーーー。手の平にかぶりつきはしゃぐ木。


あたちは、だいじょうぶ。お母さん、だいじょうぶ?


うまくやって、みせるって。んふふ。


ロシ兄さん・ゆのん君。3歳。写真向きなおせないー。
コケティッシュ作とはまた違った今時系。


あっさりとお別れ。

娘は泣かず、納得してこの日を迎えた。

『名前、木ちゃんのままがいいな』
と里親さんに押し付けがましく言っていた。


木ちゃんの居なくなったケージが、
子ども部屋にポツンと残され…、
おもちゃが散らばって、
木ちゃんの匂いがする。

少しだけ心地よい消失感。
1ヶ月育てあげたという経験は、
猫好きには、なにものにも代え難い勲章だ。

木ちゃんありがと。
先立った姉妹の千ちゃんの分も幸せに。

新しい名前はなにかな?ロシ兄さんとは、うまくやってるかな?

ウンコは、一週間後の昨夕に、トイレにしていた。
なんて優秀なの。



(´・(エ)・`)今居る命を、小さい可愛いということに惑わされず、大切にしたい。

         あとは我が家に見合った経済観念ですすまねば。
         あたしの美容院への夢が遠のくのは勘弁…。
         てか、みすぼらしくてまわりに悪いし。

         そこが4匹目を迎え入れない理由。
         あ、でも、出戻り歓迎。

    追記: 木ちゃん改めミミちゃん。うまくやってます。