FC2ブログ

毛むくじゃららら(ら ららら ら)

保護猫の雨と麦と千、ロシアンブルーの作、ソト猫カフェと用水路投げ捨ての子との色々。で、また増えた。
Posted by キリセリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by キリセリ   0 comments

いいこと おかしいこと

 
 
桜がまだまだ残っている。
きのうも寒かった。
 
 
ちーす。
 
眼光鋭い飼い猫さん?
玄関は出入りできる隙間が開いているお宅。
でも、けっこう外にいる。
アウトロー気質?  
 
地域限定の活動とはいっても、
いったいどの地域まで?
なんて考えながら路上猫観察。 
 
じゃじゃーん。
 
自治会掲示板に、貼らせていただきました。      
今回は、息子が手伝ってくれた。
 
っていうか…チビな二人がうんしょうんしょ…と、
背伸びをしながらどんぐりの背くらべ状態で、
錆びた画鋲を押し込んで…、
入学前の思い出の笑えるひとこまになりやした。
 
さて、久々に飼育小屋の当番で、
休日に学校へ。
飼育小屋のゴミ箱がたまたまいっぱいで、
たまたま今日の当番のもうひとりの方が、
足をケガされていて、持てないからとあたしが捨てにいくことになり、
裏庭の隅っこに囲ってある落ち葉貯め場に行った。
 
ベニヤ板に四方を囲まれたお風呂みたいな中にあったのは…、
チューリップたちが懸命に花を咲かせようとして、
茎や葉を伸ばしている光景だった。
枯れ草や枯れ枝、落ち葉が積み重なっていたけど、
その間をぬって上へ上へ…。
 
 
球根って、捨てる…?
 
ぐるぐる頭の中にそればかりが渦巻く。
おかしい、おかしい。
ん?それとも、あたしがおかしい?
そんなこと、今の教育現場ではたいしたことではない?
時間がない?
 
でも、もっと衝撃的だったのは、
翌日にそれを伝えに言った時だった。
 
あぁ、そうですか…。
 
 
そう校長に言われたからだった。
見に来てもくれなかった。
もしかしたら、その光景を見に来てくれると思っていたけど、
それは、幻想におわった。
 
あのまま捨てるなら、欲しいと申し出ると、
あ、どーぞ、とのこと…。
 
ビニールいっぱいにひっこぬいたチューリップをいれて、
こんなにあったんです…と、帰ろうとしていた校長に言ってみても…、
あぁ、そうですか…とだけ言って居なくなった。
立ち止まりもせず。
だからなんだと…そんな表情だった。
 
あたしが言わんとしていることは、
どーでもいいことで、その事実があるだけ。
あたしのそんなことに付き合ってられないのはわかる。
年度末で忙しいはず。
でも、まさか、わからないはずはないよね…。
 
 
忘れてた、あたし。
最近、いいことが続いたので、
こういうドライな現実があるってこと、忘れてた。
そうそう、あるんだよ、こういうことが。
 
だけど、涙が止まらなかった。
 
 
忘れ去られたチューリップが咲いている上から、
桜の花びらがひらひらと舞い落ちていた。
まわりにきれいだと褒められている桜が、
まるで、見捨てられたチューリップを嘲笑うみたいに…。
 
 
あたしは、勘違いしていたことを反省した。
教師を神聖化しすぎていた自分に。
 
人も動物も植物も捨てられる時代だ。
むしろ、悩みもせず心を痛めることもなく、
捨てられる人間こそが強者なのかもしれない。
勝ち残るには、そんなことをためらってはだめなのだ。
きっと、そういう時代なんだ。
そういう時代になったんだ。
 
そんなことさえ気づかなかった自分に、
深く反省をした。
 
球根は、ひっこぬけるものは全て自宅に持ち帰り、
植えた。
ほかにも青々した多肉植物も捨ててあったので、
いただいた。
 
…あっ、まさか。
あたしのこと、タダで球根を欲しがるガメツイ奴だなんて、
思われてはいないよね…。
まさか。
 
 
スポンサーサイト
Posted by キリセリ   2 comments

自然か人か動物か

着地地点を探していた。
ここでいいのだろうかと。
でも、いつも拝読している地域猫ブログの記事の中に、
答えがあったような気がして、
気持ちがストンと着地したようだった。
腑に落ちた…ってやつか。
 
なぜ猫なのか、なぜ人ではなく動物を!?
動物より人を優先すべきなのでは!?
という疑問のような批判に対する返答がこうだった。
 
『 多くの方は、猫が好きでボランティアをしていると思います。
しかし、好きだからしていることが、
何かいけないでしょうか? 
ボランティアとは、自発的な善意の奉仕活動です。
 
「好き」が原動力だから、
普通の人にはできない、
辛くて、苦しくて、大変なこともできるのです。
 また、単なる「好き」な人は、猫を愛でるだけでしょう。
 「好き」に加え、深い慈悲の心、
強い信念、 社会をより良くしたいという思い等がなければ、
ボランティアはできません。 
 
国家・社会・行政であれば、
優先順位を付けて 予算や人員を適正に配分する必要がありますが、 
個人はそこまで、理性的・合理的ではなく、
情動に従い行動します。
 
ボランティアは自発的な奉仕活動ですから、 
「何をすべきか」よりも、
「何をしたいか」で 行動するのは仕方のないことです。
 
動物愛護活動はご指摘のとおり、 優先順位が低く、参加する人はほんのわずかで す。 
だからこそ、私達もお手伝いしています。
 (ねりまねこさん)
 
私も、人のほうを優先すべき?
自然のほうを…?
そう自問自答した時期があった。
災害や戦争や事件があると、
どうしたって気になって、なにかできないかと考えてしまっていたから。
いや、むしろ罪悪感を感じていたから。
 
石川県沿岸でタンカーが座礁したのは、確か二十歳ぐらいの時だった。
ある団体が、重油回収ボランティアを募集しています、
そうラジオから訴えていたのはジョンカビラだった。
私は丸の内だか都内で召集された各地のメンバーと、
夜行バスに乗り込み、三国の浜辺で作業をした。
ひたすらに、ひたむきに、
浜辺の砂を掘り、重油をとりのぞくべく作業を続けた。
油の匂いが充満し、朦朧としながら、
雨ガッパをきた大きな生き物たちが、
浜辺でうごめいている様は、異様だったであろう。
でも、実感があった。
役に立っている実感が。
 
お風呂に入らなかった数日。
雑魚寝した数日。
ジャリジャリと砂が体にまとわりついてばかりの数日。
 
また、その後か先か、児童養護施設でのボランティアもしていた。
乳児院から出たての小さな幼児たちの遊び相手だ。
 
休日、自宅で宿泊するのを、
お母さんのお顔が怖いから嫌だと泣いていた子もいて、
複雑だった。
みんなわたしを必要としてくれるみたいに、
まとわりついてくれて、世の中の不条理を感じた。
でも、そこには生活がきちんとあり、健全な育成がされていて、
大きな子達も家族のように過ごしていた。
 
私は一般家庭に帰るのが、悪い気がした。
裏切っている気がした。
わたしが幸福だと、誰かが不幸になる気がして、
さまざまなことをためらった。
罪悪感はずっと消えないままだった。
 
わたしは世界中をとりまく問題が、
自分のせいで起こっているのではないかと、
思わずにはいられなかった、なぜか。 
 
時は過ぎ、もやもやしたま身軽に動けない母親になった。
子どもや家庭の事だけを、考えていればいい気がして、
それはなんだか楽だった。
 
だけど、やはり、見過ごせないことがあった。
飼い主のいない猫が多いプチ田舎に引っ越したからだ。
見て見ぬふりはできない。
家事は手抜ができても、命は放っておけない。
かなりの間、葛藤した。 
それは社会のためになるのか。
誰かに疎まれたりはしないのだろうか。
 
三年間、毎年仔猫を見た。
見かけるではなく、ごはんをあげてはいないのに、
うちの敷地に住み着いた。
 
言葉を話せない猫たち。
人間の都合で放たれたり、捕らわれたりしてきた猫たち。
 
もう、放ってはおけない。
この地域では、彼らを守れるのは、あたししかいないんだ。
 
市役所は、不妊手術拒否の場合は、
餌やりを禁じれば自然淘汰しますから、
なんて酷いことを言い放った。
 
自然淘汰…。
言葉の意味をはきちがえている。
ワナワナした。
わたしが餌やりとなれば、
捕まえて手術できるけれど、
団体に登録しなければいけないし、
まわりから苦情を言われるおそれがある、とも…。
 
地域猫という言葉は、そのあと調べて知った。
片っ端からブログやサイトを読み、
調べ尽くした。
 
そして、一歩を踏み出したのだった。
一大決心だったのだけど、
近所には、あたしのしていることに関心を持つ人はいなかったし、
感謝してくれる人もいなかった。
 
怪訝な表情を浮かべる方もいたり、
捕まえたら戻さず処分すれば…という方までいた…。
 
ついでに、たまたま保護して飼っている子が美形だからって、
美形しか家に入れないとか、
あの子は可愛くないから家に入れてもらえないとか、
たまたま成猫から居着いた子だったのに、
そんなことを言われるしまつで、
力がヘナヘナと抜けた。
 
それは、今までやってきたボランティアとは、
遥かに違うものだった。
 
あげく、お世話をしている外の毛たちにもフー・シャー・カッ…。
だけど、それがあたしに火をつけた。
これは、趣味であり、自己満足でもいい。
それでもいいし、誰になにを言われようと、
なんとか、毛たちを地域の方々に認められるようにしたい。
地域猫昇格目指して動きたい。
わたしの誠意を伝えたい、と燃え上がった。
 
あたしって、つくづくMだ。
きっと、猫ボラさんってそうなのだろう。
 
何かをしたら賞賛されるということが約束されているボランティアではなく、
地味で目立たない割には、
地道で長い間報われない場合もあるボラ活動は、
なかなかない。
 
餌やりさんには、睨まれるし。
この前は、体ごとズイズイと押され寄りきられ知らばっくられた。
 
まして、猫相手だけではなく地域住民相手でもあり、
そして、こちらの手腕や人柄も試される…なんて。
なんて、やりがいのあるボランティアなのだろう。
当たり前だが、ボランティアの種類に優劣はない。
今、自分ができることをすればいい。
世界に目を向けていないわけではない。
被災地に目を向けていないわけではない。
守りたい自然や、助けたい人々が居ないわけではない。
 
よりよい社会を、
子どもたちが大人になったときのために、
築いておきたい。
だからこそ、子育て中の今、動いてわたしの背中をみせたいのだ。
 
世界には、様々な救済すべく問題が山積みで、
気になることばかりで、色々なことに胸を痛め、
手を差し伸べたくなるけれど、
全てに手は差しのべられない。
だから、問題意識だけは持ち続け、
自分の選んだことをし続けよう。
わたししか居ないのだから。
ここの外の子たちを助けられるのは。
そんな気持ちがあふれてきた。
 
ふつうの主婦だけど、少しだけ違うことしています。
まぁ趣味で、少しばかりは社会貢献につながる…はず。
それが、あたしの証であり、
子どもたちが、そんな母の姿を、
誇れるものだと記憶してくれてたら幸いだ。
 
家事や仕事や育児、そして猫ボランティア、
バランスをとりながら、いい方へ導きたい。
どれかひとつも手放したくない。
よくばりだから。
 
だから、どうか、これからの社会が、
すこしでもよい方向にむきますように。
 
ん?なにが言いたかったんだべか…(´▽`;)ゞ。
まとまらなくなってきたから、
おしまーい。
 
 
 
 
へー。お母あん、けっこーまじめれすね。
 
じゃあなんで、純血のこの子がいるの?
は、またいつか。
 
 
  
 
 
Posted by キリセリ   0 comments

磨耗という魔物

 
空気入れ換えタイム。
 
わらわらわら、どこからともなく集まる。
 
 
さ、さみーっ。
 
この気温の中で、生活するって考えられないだろうな…。
 
 
でも、離れるもんか。
 
外の匂いが気になるのか。
ずっと見ている。じっと見ている。
たまに、外カフェの常連さんが通るので。
 
 
 
ん?( シャキーン )
 
物音がした。
みんないっきに背筋が伸びた。
屋根から雪のカタマリが落ちただけ。
でも、かなりのビビリよう。
 
 
 
まもー? 
あっ分かったれす! 
チチンプイプイ~ってやつら!
 
そ、それは、魔法…(´▽`;)ゞ。
 
 
心の磨耗というものは、実は自分では気がつかない。
気がつかないから、磨耗してしまうんだろうけど、
気づいた頃には、引き返せないぐらい時が経ち、
磨耗は魔物に変わり、
自分ではどうすることもできなくなってしまっている。
 
それで、その魔物の根源が、磨耗だなんて気がつかない。
 
だからとても厄介だったりするのだ。
 
 
 
 
こちらの麦さん、気遣い猫さん。
 
他の毛たちが来たら、遊ぶのをやめてしまう。
食べるのをやめてしまう。
いい場所をゆずってしまう。
などなど、もっとワガママでいいのに…と、
手がかからない分、手をかけてあげたい子。
常に気にかけている。
 
 
心の磨耗…。
なぜ、そればかり胸につかえているかというと、
息子が、教室に落ちていた紙切れ、
いわゆる授業中にまわすようなメモを、
わざわざひろって持ち帰ってきたからだ。
 
それで、わざわざ私に見せた。
そこには…
 
『 語るなら話を進めろよー(怒りマーク)
人生語ってる、キモイ、だからなにって、イカれてるかんじ。
地球といったいなんの関係?
しらねぇー。 』
 
と、いう冷めたような文句がかかれていた。
 
息子の学年は、他クラスの数名の男子や同じクラスの数名の男子によって、
荒れている…と、されている。
 
その“ 荒らし ” によって、それなりの時間のロスが生じている。
 
たぶん、お説教を受けなくていい子たちまで、
して当然なことまで言われ、心が磨耗されているに違いない。
 
字とメモ用紙の絵柄で、書いた子は特定できるらしい。
だけど、聞いた名前は、まさに絵に書いたような優等生で、手がかからないどころか、
むしろ率先して様々なことをリードしてくれている子だったのだ。
 
え、うそだ、あり得ない…あの子が?
 
確信はもてないけど、彼女の心の磨耗に、
はやく気づいてあげてほしい…。
 
そう願うばかりだ。
当たり前のことを当たり前にこなせる手のかからない子、
その大部分の子の心の磨耗が、
問題児たちの問題行動の影になり、
葬られようとしている。
 
 
ドラマ『 鈴木先生 』(テレビ東京)では、
見事にそこにピントを合わせている回があった。こちら
心を磨耗していた子は、ある日、寝たまま突然死を迎え、
あとあと彼女の日記から、その心のありようを知ることになるのだけれど。
 
静かな怒りのような、心の磨耗に気付けなければ、
現実の彼女はどうなってしまうのだろう…。
気になるのは、猫だけではない。
 
                




今の学校教育は、我々が普段思ってる以上に手のかからない生徒の心の摩耗の上に支えられているんだ。どんな生徒に対しても手が足りない中、教師たちは結局、目立った問題を起こす生徒に多くの力を割かざるを得ない。問題のない生徒は、おそらく潜在的に問題児への嫉妬心を抱いてるに違いないんだ。問題児の心の中に優等生への妬みが存在しているのと同じようにね。

via:鈴木先生 第7話


  
...........................................................................................................................................

おうちのない←星をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=lh2rGWBNB24&feature=youtube_gdata_player ←こちらでも。
 
福岡獣医師会制作の短いアニメです。(2分20秒)
分かりやすく描かれています。
小学校で見せても効果があるだろうな。
 
たくさんの方々に広めたい作品です。

............................................................................................................

btn_donation0823_convert_20121108082510.jpg
国境なき医師団
こちらも、自動引き落としで。少しだけど活動を支援。
..............................................................................................................................................................

地域限定TNR活動 5匹でおしまーいの巻の記事はこちらから。(´Д`υ)
a4f502ffad373b0bb767bd59e995b430-217x300 (1)
耳カットした子たちを日々見守っています。
ついでに、まわりながら道端のゴミも拾ってみたら、
あるわあるわ…あるほど虚しいってなことに。

オマケに、だーれもなついてないし、手を出したらフー・シャー・カッ…って彡(-L-彡)。

でも寒さにもめげずに、フラフラしてまっすヽ( ´ー`)丿。


昨年、いじわるな(仮)ヘチャムクレ君が喧嘩を売ってばかりいたので、
なんとゲージで捕獲。6匹目なり~。一回分200円の抗生物質までごはんに混ぜてあげちゃうもんねー。

moblog_7ab888c6.jpg


それから、ちょっとはなれたよく通る道のお店のおばさんが、
馴れないめすねこさんにえさやりを…。
手術は当然していない…。
「だって~さわれないんだも~ん」とのんきさん。
あのですね…と説明、捕獲了承もらいました。
仔猫が出来る前に、急げ。

ということで、マイ捕獲器購入したので、バンバンやっちゃうもんねーだっ。



..................................................................................................................................

小学校飼育小屋の環境改善活動資料集はこちらから。

カテゴリー ウサギノコトに今までの経緯などかいてあります。

作とうさぎこっちも( ´ー`)。

うさぎとノラ親子こっちも( ´ー`)。

   アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ カテゴリー分けと記事の種類分けを
                シッパイいたしやした…(;´;゚ё゚;;)モルー。とりかえしつかねーやい。
moblog_dbf5a5d4.jpg



別居生活から、同居生活になったウコッケイさんたち。
なんだか、雄鶏も雌鳥も色気というか、より性差がはっきりして堂々として見える。

飼育日誌にも、仲良くしていて嬉しいなどがよく書かれている。

小さなことだけど、とても大切なことだ。

( ´ー`)⊃⊂(´ー` )( ´ー`)⊃⊂(´ー` )( ´ー`)⊃⊂(´ー` )

さてこちら、圧巻の烏骨鶏さんたち。
ワンちゃんとネコちゃんと烏骨鶏さんよりお借りしました。

うこ_convert_20121222143502

うこ2_convert_20121222143537

いいな~いいな~と見入ってしまいました。雛をかえす様子など本当に感動で、
大人も子どももこうゆう体験が大切なんだ、と実感します。

それから、卵のかえしかたなど勉強しようとおもいます。
また、雛のお世話なども。 

..................................................................................................................................................................

ランキングに参加しています。
ズザー⊂(゚ー゚,,⊂⌒`つ~ぽちっとな。ピンポンダッシュお願いいたしやす。
逃げれ!!逃げるんダーーーー。


...................................................................................................................................................................


人気ブログランキングへ←おそれおおくも猫写真部門れすぜ(っ´∀`)っ。
いつも30位くらいをフラフラ…ヽ( ´ー`)丿。


..............................................................................................................................................................


↑ れっつくりっく  カテゴリーのすき間にそれーっ( ´艸`) !
結婚生活・家庭・子育て部門にそれー( ´艸`) 。

いつも誰かがおしてくれてます。どもども( ´ー`)丿。
............................................................................................................................................................

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村←作さんしっかり!にクリック。ありがとれす(´Д`υ)。
この子、テト?いえいえ、作。
純血種を飼っている方々にも、広めたいのでお願いいたしやす。
純血には純血のカナシイ現状があります。
ペットショップをはじめブリーダーの問題…。
先進国なのに動物をとりまく現状・動物愛護は後進国。
純血種がほしい方は、何度も見学してお話していいキャッテリーさんから購入しましょう。


.............................................................................................................................................................
↓↑どちらかひとつだけをポチしてくださいませませ↓↑
.........................................................................................................................................................

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
←どうにかこうにか頑張りやす…。
お世話している外猫を地域猫へ昇格させるべく動いています。
もうこうなったらやけくそだべ。でもやりとげたい。

(;´・з・)つランキングにのっている皆さん、
本当に自分のことなど後回しで猫のために動いていて…すごすぎます。

それから、お隣の市の唯一のボラ団体さん、非常にお世話になっています。
猫相手だけど、本当は人間相手、そのやりとりをうまく出来なきゃ活動もうまくいくわけない、
などたくさん教えていただきました。



日々是、眼から鱗だらけなり。



.....................................................................................................................

title_hlogo.gif→この文字をクリック。

愛護センターからの受け入れ、被災動物保護など精力的に活動してらっしゃいます。
うっかりさんなあたしは、毎月の継続的な寄付 PayPalによる決済(クレジット)に登録しています。

.........................................................................................................................

ペットのおうち
少しでも多くのペットを助けようと様々なボランティアさんが活動しています。
より多くの人に里親文化が根付き幸せな動物たちが増えますように。

..........................................................................................................................


ちゃりーーん、したでつ。

..........................................................................................................................

検索でお越しいただいた方も、よろしくお願いします。
周りに広めてください。

とてつもなく沢山の方が、今以前からずっとそう願っていて、
地道に活動してきているに違いない。
誰だって、そうゆう社会を望んでる。
で、署名の効力って…とも感じる方も居るだろう。
様々な角度から様々な気持ちが向けられるだろうけど、ひとまず、
数にカタチにしてみようって思う( ´艸`) 。

 

[ オンライン署名 ] 保健所への動物の持ち込み禁止および殺処分の撤廃 ご協力お願いします。
  以下、たえちゃんと、まーくんと、カイ(hrmさんより)


 twileshare ご自由にDLして利用してください。

   チラシ

(人´・Θ・`)どうぞよろしくお願いします。



( ´^_ゝ^)´-,_ゝ-`) ゜_ゝ゜)・_ゝ・) ´_ゝ`)

拍手やご訪問、ありがとうございます。
非常にみにくい記事で、申し訳ないっす。

寒い冬も、訪問介護でチャリンコぶっ飛ばし、厚顔無恥で乗り切ります。
ん?
しっかりしろアタシ~(つ´∀`):・’.::・====≡つ)´Д`):∵
立て~立つんだアタシ~!そんな気持ちです。(ひとり明日のジョー)

━━╋⊂( ´ー`)彡 スパッ (・∀| |・)いつも見えない敵と戦っている。

でも、敵は味方にもなる。
そして、敵ばかりではない。
すこしわかるようになってきた、この夏で。

きっと想いは伝わる、はず…(人´・Θ・`)よね~。
つーか、結構、捨て身…( ´艸`)ま、いっか。











Posted by キリセリ   0 comments

磨耗と別れ

 
『 人に怒る 』ということを知らない猫、作。
 
だからといって、
何をしてもいいわけではありません。
 
そんな作は、全面的に毛なしたちの暑苦しい愛情の受け皿に…。
 
( 注:声は出していません )
 
 
『 今の学校教育は、我々が普段思っている以上に、
手のかからない子供の心の磨耗の上に、
支えられているんだ 』
 
   (『鈴木先生』テレビ東京 )
 
ふと、印象に残ったそんなセリフを思い出した。
 
 
そうだそうだ。
 
だから、そんな手のかからない子どもにも、
声をかけたり、ちょっとした様子の変化を、
見過ごしたりしないような視点や、
フォローや褒めることが必要なんだ。
 
手がかからないからといって、
手をかけなくていいわけじゃないんだ。
 
彼らだって、心の磨耗がこれから、
どう自分に作用するかなんて分からないんだから。
 
 
わがやの、磨耗…してきたかはどうか分からないけど、
野菜嫌いの草食少年は、
もう少しで、小学校生活に別れを告げる。 
 
急に背が伸びてきて、
背の順が2番目から、イッキに6番目に。
The牛蒡抜き。
 
 
 
 
そんな小学校生活、6年間で6人の担任の先生に出会い…。
毎年違う担任、わたしも磨耗…。
 
たしか、そんな生徒は3人。
みんな、手のかからない子たちです。
 
磨耗…するわな。
 
そしてこちらも、5年間続けたバレエに別れを告げました。
 
 
 
髪を切り、未練ゼロ…。
今はバスケに夢中。
 
どちらもバがついて三文字だから、
似てるね~なんて言ってたけど、
バスケは正式には、バスケットボールって言うんだよ…(;・∀・)。
と、教えてあげた。
 
へぇ~(´▽`;)ゞ
 
知らなかったようだ…驚き…。
 
 
 
足が短かすぎなのか、お腹が大きすぎなのか。
 
 
めずらしい毛色なのか、汚れなのか。
 
きょう見た夢は、こんなんだった。
キンタや外の子たちも、家のなかで、
猫じゃらしで一緒に遊んであげていて、
顔の表情が、別人みたいに満面の笑顔で、
楽しそうだった。
 
どのこにも怠りなく、手をかけてあげたい。
 
 
 
 
Posted by キリセリ   0 comments

重い思い



いつも自分の思いは重すぎるとわかっていて、

それでも自分の中でごまかしきれずに、

うまくいかなくて、もやもやばかりで、

八方ふさがりだった。

でも、昨年、一歩も二歩も踏み出して、

たくさんのことを知り、学び、出会い、

重い思いが少しだけ軽く感じられるようになった。


自分を守るということより、大切なことがある。

でも、自分を見失ってはいけない。

動物だけの問題ではなく、人間の問題でもあるのだから、

自分の姿からなにかを感じてもらえるように、

地道に動いていかなければ…。

まじめすぎても、いいかげんすぎても、重すぎても、だめなのだろう。





と、まとまりも結論もない文だけど、今年は、
ゴミ袋持って、さりげなくゴミ回収しつつ
猫たちの様子を見守りたいと思って、
スノーブーツを購入。

ある意味、意図的にわざとらしーく地域に貢献し
自治会の理解をもらおうという魂胆でありんす。

それから近所の人とも輪を広げたいので。

実際は、地域の緊急の問題解決能力のない自治会なので、
うらみつらみあるけれど、そこはお得意の自虐モードで、
やってみよう。

ついでに、あと2キロやせたらいいな。