毛むくじゃららら(ら ららら ら)

保護猫の雨と麦と千、ロシアンブルーの作、ソト猫カフェと用水路投げ捨ての子との色々。で、また増えた。
Posted by キリセリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by キリセリ   0 comments

10才のにんげんのきりとった世界

これらは、10才のにんげんの女の子が撮った世界です。

夏から撮りはじめた毛たち。
カメラの中には彼女がきりとった様々な世界があった。

アスファルトのうえで生きたえたヘビ。
もうこれは、何枚も何枚も角度をかえたり、
大きさがわかるように対象物をおいたり、
アレコレ考えて、思いが詰まっているようだった。


雲、夕焼け、葉っぱ、料理、家のひとびと。
立派な蜘蛛の巣と長い脚のその住人。
植木鉢にかたまってかくれていた夜盗虫。

カフェオレ色の水溜まりを、つい味見してしまった子。
おいしそうな小石をつい口に含んでしまった子。
オリジン弁当の唐揚げに手が伸びて…やっぱり口に…。

そんな彼女も成長し、10才に。

今はデジタルカメラなる高性能なものがあるからか、
子どもが撮っても、それなりにみえる。

いや、むしろ計算やワンパターンさがないから、
面白いのかもしれない。

『お母さんが死んだら、お母さんの写真がないと困るから、
死んだとき用に、お母さんも撮るね』

無邪気に言い放つ。

なにより毛たちの視線が、
あたしにむけられたそれとは違って、
可愛さ以外のものもとらえていて、
さすがだなと感じる世界がそこにはあった。

つっこみどころ満載だけれど、
あえて説明やキャプションなしで、
いつもと違った毛たちをどうぞ…。

なんて、大袈裟だけれど、麦の表情がたまらなくいい。
ふだんあたしにはしない顔なので。




画像+099_convert_20130108205609


画像+422_convert_20130109095312


画像+431_convert_20130109095127


画像+494_convert_20130109074452


画像+432_convert_20130109094950


画像+301_convert_20130108210359


画像+075_convert_20130108205430


画像+043_convert_20130108205247


画像+684_convert_20130109074823



画像+620_convert_20130109094431


画像+282_convert_20130108210244


画像+221_convert_20130109101145








スポンサーサイト